隔たった時間の形状
『遠い声 / 10minutes』
                                  herpiano

 
 形とはどのように影響を及ぼすものだろうか。一本のカセットテープ。

 THE BANDというバンドの最後のライブを収めた『THE LAST WALTS』という映像作品がある。監督はマーティン・スコセッシ。
 作品は一曲から二曲の演奏の間に、メンバーの、彼らが歩んできた時間への回想が挿まれる、という形で構成されている。回想は彼らが初めて立ったステージ、バンドの結成の経緯、廻った街の記憶、彼らが時間を共にしてきた人間との思い出などが話され、最後にギタリストであるロビー・ロバートソンの口から長いツアー生活への疲弊が、そのような生活の中で命を落としていった友人達の名を挙げながら語られ、それらの想いを葬送するような曲で終わる。
 作家が死ぬと時代が終わる、と言ったのは誰であっただろう。『THE LAST WALTS』は、一つのバンドの解散を使って一つの時代の終焉を撮ろうとした。それはおそらくその真只中において、その時代を撮りきることの出来なかったスコセッシの野心、想いであったのかもしれない。
 私が、DVDではなくVHSの『THE LAST WALTS』に魅力を感じるのは、そのスコセッシの見ていた、或いは描いていた映像は、VHSの映像に近いはずだと思うからである。『THE LAST WALTS』は、ドキュメントと呼ぶにはあまりにも画面にスコセッシの体温が放たれすぎている。それは彼もまたその時代を過ごしてきた者の記憶を持つためであるからだろう。"caravan"で輝くヴァン・モリソンのスパンコールが瞳を映す夜露のように画面を濡らすのを見ていると、それ以上に見えなくてはならないものなど、ここには必要ないように思える。

  『遠い声 / 10minutes』という二つの曲でherpianoは、過去が時間の経過と共に次第に流れから切り離されたシーンや雰囲気になってのち、響いてくる音を汲み取って鳴らそうとする。記憶は寄せる波のように不意に訪れ、水を掴むように朧げではあるが、しかし後にはその熱が残るように確かさを与えるものでもある。勿論、その全てが暖かなものになることはないだろうが、それもまた一つの側面に過ぎない。ここで彼らは、記憶を体温を伴った視線で描こうとする。そしてそれを少々面倒でありながら、こうしてカセットテープという形としたことは、全てを鮮明に描き出すということとは違う、静かであるが確かな効果となっているように思われる。テープのノイズによって曖昧になる細部。音はそのようなところからこそ、聞こえてくるとでもいうように。

[PR]
# by burnthemap | 2007-12-26 12:00 | andsuddenly
12 / 25
 やはり予想していた通りに遅遅としていて、レーベルなんて名乗らずホント良かったthousand leavesですが、幾つか音源の話があがっています。

 先ずは、もう少しテキパキとやる予定がのんびりしてしまった、ヨシダコウスケとキムラタカノリのsplit。
 この組み合わせ、僕はかなりナイスな組み合わせだと思うのです。話をしてから即行で音を渡してくれたキムラさんの音源を聴いていると、もう今からヨシダさんの録音と、揃った時が待ち遠しい。キムラさんの音源は、音が感情的でなく、ただpopで、誰かの笑い声のようです。
 

 あとはpapiroの新しい音源の話があるのと、もう一人ソロの音源を作る予定の人がいるので、その二組が続くかもしれません。実現に向けて話を進めることとサポートなど、なにか彼らの力になれればと思います。
[PR]
# by burnthemap | 2007-12-25 08:10 | thousand leaves
2 / 2
 実質もうあとひと月、という状態で決めたENDLESS HAPPINESSですが、なぜかこんな場合は本当についている。
 
 名古屋からマルオトが決まりました!!
 
 マルオトって、まずもう名前がいいですよね。たぶん〇に音なのかな、と思うのですが、≪音!≫。ENDLESS HAPPINESSやることを決めた瞬間に、浮かんでいた名前だったので本当に幸運です。

 そして静岡からはherpiano、papiro、orkです。


 今回は、一バンドずつの音を入れた音源をつけてフライヤーを作ろうかと考えています。兎にも角にもライブに足を運んで欲しいので、考えて有効だと思われる手立ては出来るだけ試していこうと思います。


"ENDLESS HAPPINESS"

'08 / 02 / 02 (sat)  at 静岡Freakyshow

マルオト、herpiano、papiro、ork......and more happiness


 宜しくお願いします!
[PR]
# by burnthemap | 2007-12-25 07:14 | ENDLESS HAPPINESS
happiness with every step
"ENDLESS HAPPINESS" 
 
2007 / 06 / 17 (sun)
at 静岡spiralmart

velocityut (nagasaki)
デラシネ (tokyo)
herpiano
papiro
ork





 今年六月のvelocityut、デラシネの来静を機に始まりました。
 これはpapiroの木村さんが持ってきた言葉なのですが、恐らくこの言葉でなければ、一回きりのライブということになっていたと思います。気に掛けていなければ、こうして拾ってはこれなかった筈で、或いは温めていた言葉なのかもしれませんが、どちらにしても素晴らしいですね。thousand leaves recordも、レーベルというよりは、この言葉に内包される一つの分野、または枝みたいなものだと捉えています。
 velocityutやデラシネを見ていると、物事や環境に対して積極的に働きかける、ということをその都度思い起こさずにはいられません。自らがやってきたことに対しても、慣れてしまわずに更新していこうとする、何か新しいアイデアを探る、そのように活動している人達を迎えてスタートを切れたことは、この言葉にとってとても大きなことでした。
 二月二日も現在調整中ですが色々考えています。是非沢山の人に来て欲しいし、来てくれた人達と楽しい一日にしたいと思っています。いい交流の場を創れれば、と考えています。
[PR]
# by burnthemap | 2007-12-24 00:00 | ENDLESS HAPPINESS
distribution
Shizuoka
・unknown cafe "march/blue nightmare"
・herpiano "遠い声/10minutes"(cassette tape)
・こどものこども "弱気なステップ/恋のアドバイス/MY GIRL"
・こどものこども "s/t"
・flex eye "demo CD-R"
・flex eye "FLEX EYE GROUP SOUNDS ON PAPER vol.1"(zine with CD-R)
・flex eye "FLEX EYE GROUP SOUNDS ON PAPER vol.2"(zine with CD-R)
・idea of a joke "CH session"

・oscilloscottie "電気のしわざ"
・microjacson "live at 新世界BRIDGE"
・microfutoshi "パイオニア"



NAGOYA
・DROPPEN.G & POCA "SESSION"

Hyougo
・れえんこおと "s/t"

Tokyo
・satellite of love "6 billion of personal blue"
・satellite of love&rademarks "split"
・satellite of love "CONVERSATION"
・THE BITE "s/t"
・WE ARE! "parking pact C.D."
・WE ARE! "big summer EP"(CD,7inch)
・WE ARE! "HOLIDAYLAND"
・赤い疑惑 "東京サバンナ"
・赤い疑惑 "LIVE:2005.11.05"
・デラシネ "s/t"
・デラシネ "mistake magazine vol.2"
・THE 発信テレパシーズ "LAST ALBUM"
・スズキ ユウマ "ENCORE vol.1""ENCORE vol.2"(zine)

 


 扱っている作品です。もう幾つか手元にないものも出てきましたが、可能な限り補充して扱っていきたいと考えています。また新しい作品が入り次第、載せていきます。
[PR]
# by burnthemap | 2007-12-10 00:00 | distribution