私は帰らない、と作家は言った。そして、行くことしかできない、と。
 先日『fUTURE PRIMITIVE』用に話をしてきました。話し手からの提案もあり、対談形式で、ということになり、当日はそれぞれの都合から予定より一時間ほど遅れて落ち合い、雑談をしながら歩いてカフェへ。閉店までの凡そ一時間半を過ごしました。
 有意義な時間を過ごすことが出来ましたが、話を聞くのに使わせてもらったカフェが相手からの紹介であったり、“対談という提案はあってもやはりインタビューということを忘れてはいけない”と考えて望んだものの相手に存分に語ってもらえたのかという疑問が残ったり、反省も多い一時間半でした。しかし、話自体はやはり興味深く、細部を詰めたりといった作業をして早めに発表出来るようにします。

 あと近いうちに、昨年とそれから今年の展望とについて書いてもらったものを近い人達から募って載せたいと思ってます。

 「旅をしていていつも思うのは、その土地の風景を自分のものとするために、そこで誰かと出会わなければならないということだった。もしそうでなければ、風景は映画のスクリーンをただ眺めているように、決して自分自身と本当には言葉を交わさない。そして旅をすればするほど、世界はただ狭くなってくるだろう。けれども誰かと出会い、その人間を好きになったとき、風景は初めて広がりと深さをもってくる」とは星野道夫という作家の言葉です。去年はこの言葉を実感をもって、読むことの出来る年でした。
 何かを知る、ということは引き返せないということなのかもしれませんが、しかし帰ることを念頭に置かない者にとって、それはどの様な意味を持つのでしょうか。私は便宜上ここをレーベルやブログという名で呼びますが、それはその言葉の指し示す大枠の意味でのことに過ぎません。ブログとは言っても日記にスペースを割く気はなく、レーベルと言っても定期的な音源の発表を考えているわけではありません。しかし身近には残しておくに値する、いや値するという言い方には幾らか横柄な響きがあるかもしれません。正すならば、そのものの為に体が勝手に動き出してしまう、というような言い方が近いですが、そのような人々が多く存在します。ここには、彼らと彼らが動くことで生まれる次への気配を書くことでスペースを埋めていきたいと思います。そして、それらが繋がりをもって土地土地がもっと近くなることを私達は期待しています。
[PR]
# by burnthemap | 2008-01-23 06:41 | memo
1/13
 来月2日のENDLESS HAPPINESSですが、デコはとりあえず様子と時間を見ながら簡単にやってみようということになりました。あと軽く食事が出来るようにしたいと思ってます。一応こちらでも用意をするつもりですが、Freakyshowに持ち込みの許可を貰ったので、買ったものでも作ったものでも、お菓子とかでも何でも良いので、持って入ったり食べたりして下さい。僕もなんか作っていくかな~と思ってます。思いついたのは餃子なんですけど、それってだいぶ空気読めてない選択な気もするので他に何か考えます。他にはフリーマーケットみたいな感じで家に眠っている不要な品も出します。CDや本、服とか雑貨をまた各自持ち寄りで。お金を使うのも勿論構いませんが、当人達の間で了承があればトレードなんて手もありだと思うので、皆さんも自分には必要なくて家で眠っているものなどあればどうぞ持参ください。僕は本持っていきます。大方廃本されたものになる気がするので、特に値段付けるようなこともないと思います。なので自由に持っていけるようにするつもりです。なんにしても物は使われないと意味を成さないですからね。読まれない本とか聴かれないCDって意味ないですよね。リサイクルしましょう。
[PR]
# by burnthemap | 2008-01-13 13:45 | ENDLESS HAPPINESS
1/13
 昨日はヨシダコウスケの音録りでした。
 四時間で二曲録り終えたかな。三曲目の半ばまで録って、そこまでというムードになり、そのまま終了。もしかしたら一日で録りきってしまうかな、などと思っていたのですが、それは少々暢気にすぎました。しかし難航ということは全くなく、順調そのもので、ミックスも含めればまだ時間が必要ですが、このままいけば二月には完成出来そうです。結局、ぼんやりとながら想定していた時期に出せそうな気配。
 当日本人からの提案で録音曲数も決まり、それに合わせてスプリットの形も大方定まりました。予め形を決めてしまった後ピースを埋めるようにという作り方もあり、その進め方が有効なケースもあるとは思いますが、その都度その都度出てきたアイデアを最終的に形にするまで出来得る限り汲み取りながら物事を進めていくというのが今の理想なので、いい状態で物事が進行していると思います。

 ところで、録音はキムラさん宅でのホームレコーディングなのですが、老築化が進んで昼間でもひっそりとした社宅の一室で、曲が一曲一曲描きつけられていくのを炬燵に入りながら眺めているというのは、土曜の午後の過ごし方として想像しうる最上のものの一つのように思われます。外には冷たい雨が降っていますが、カーテンは落ち着いた色で世界を隠しています。その背後の窓の透明さは、もしかすると結露によって失われているかもしれません。ベランダの向こうの芝は幾分重たい色を纏っている筈で、その上を抜けて二つの布の切れ目から青白い外気と、不定期ながら止むことなく濡れた道路を噛むタイヤの吐く息が流れてきます。信号機がその跡を交互に、今は薄く、やがて濃く塗るでしょう。そして、こちら側では歌が歌われている。一人は用意をし、時間の隙間にレコードをかける。一人はギターを弾き、喉の調子を窺う。そのような光景を、炬燵に入り眺めている。そのような土曜日。
[PR]
# by burnthemap | 2008-01-13 11:31 | thousand leaves
01/07
 見通しや目処というのとは少し違うかもしれないのですが、いま身近で良い状態にあるな、と感じるバンドは、そういったものの立っている人達であるように感じられます。五日のUHUでのライブは人こそとても少なかったですが、部屋のムードはよく、papiroもその時間を極自然に受け入れており、演奏も伸びやかで、新年の滑り出しとして申し分のない時間を過ごすことが出来ました。papiroは現在決まっているので、ライブは四本入っているので是非!
 その五日と、翌六日の『カル舞う』というfourでの企画でチラシを幾らか配りました。あとは静岡の、all tomorrow's partiesという食事処、percepto music labというレコード屋、ライブハウスのUHU、二月二日の会場のFreakyshowに置かせてもらっています。今後も機会を見つけて配る予定ですので、よろしくどうぞ。

 で、二日について、やりたいことを具体的にしていこうと思っているのですが、現在のところ、カンパや持ち寄りでフードを出したいということと会場のデコレーションを出来ないかなと思っています。色々相談してみたら料理は何とかなりそうなのですが、DECOをどうするかは現状では自分たちで何とかするしかないかな~という状態です。もし会場の飾りつけを一緒にやってくれる方、アイディアのある方いましたら是非連絡下さい。
 あとはチケット代の県外割引やると思います。色々の所でやられているように、県外から来てくれた方は言って頂ければ割引にしますので、声掛けて下さい。

 
 あと、19日に富士animalhouseでのライブにFLEX EYEが出ます。
この日も僕は行けるか怪しいのですが、興味のある方ゼヒ~。
[PR]
# by burnthemap | 2008-01-08 00:41 | ENDLESS HAPPINESS
ENDLESS MORNING
 年が明けて四日が経ちました。今年もよろしくお願いします。
また年明け早々から新しい予定が立て続けに入って、五月まで息つく暇ないです。

 ENDLESS HAPPINESSのフライヤーが出来ました。安いですが、初めてソフトを使って作ったので、簡単であろうことにも時間がかかりました。早いところ自然に色々出来るようになりたいものです。しかし作りながら改めて感じましたが、世界を認識することとそれをどう見るのかということ、これはやはり重要なことですね。以前カメラの話をしていた時に知人から貰った、"感性がトギスマサレル"という言葉を、いま一度意識し直したいと思います。ヴィジョン。
 二月二日についてですが、まだ声を掛けているバンドはいるのですが、今回は早め早めに手を打っていきたいのと、出来るだけアイデアを実行に移していきたいので、現在決定しているところまでで作りました。可能性を感じる機会を出来る限り逸したくないので、明日のUHUから配り始めます。予定していたCD-R添付での配布をやってみます。明日配るものは静岡の3バンドのみの収録ですが、知らない方是非手にとって聴いてみて下さい。そして遊びに来てください。当日は色々、バンドの演奏以外にも何かやっていきたいと考えています。人が集まって楽しくやっている所に、バンドの演奏もまたある、というようにしていきたいので是非是非。 
 
c0155798_15432887.jpg


 あと、三月に更に次のENDLESS HAPPINESSも予定してます。詳細決まり次第載せていきます。


 

 
[PR]
# by burnthemap | 2008-01-04 16:42 | ENDLESS HAPPINESS