カテゴリ:thousand leaves( 5 )
8/17
c0155798_23272256.jpgSUNRISE,SUNSET'08
'08/08/30(sat)&31(sun)
@静岡県静岡市清水区三保 東海大学海洋学部清水校舎軽音楽研究会部室

30~NIKKI DUB BAND(Tokyo),kodomo no kodomo(Tokyo),ヨシダコウスケ,ork,Quiet Logos,THEEE BAT(Tokyo),THE FLY AND Miss Tarantula....

31~THE 発信テレパシーズ(Tokyo),BANJAX(Tokyo),ECHO(Kanagawa),EVIL SCHOOL Ⅱ(Tokyo Darkarea),FLEX EYE,for us to get the light,herpiano,papiro....

food : fREE BBQ & drink

start : 16:00~

※当日は駐車場の確保が出来ない為、公共の交通機関をご利用下さい。(有料の駐車場等も近隣にはありません)
清水駅より [静鉄バス三保山の手線 ●東海大学・海技短大前]下車 徒歩1分
→静鉄バス
 →ルート
※会場である軽音楽研究会部室は空調設備が整っていません。演奏時には音漏れを防ぐ為に窓を締め切るので、各自着換え等、暑さ対策の用意をお願いします。

 ライブスタートは両日共に16時を予定していますが、徒歩1分程で海へ出れ、会場周辺ではバーベキューを行う予定でいるので、早めの到着も大歓迎です。

[PR]
by burnthemap | 2008-08-17 21:53 | thousand leaves
1/27 thousand leaves split series
 昨日、三週目にて、ヨシダ コウスケの音録りが終了。一通りのミックスも終わらせたので、あとは本人がチェックしながら微調整し整えていくという作業を待つばかりとなりました。
 昨日の作業は最後に残っていた一曲のレコーディングと全ての曲のミックスで、僕がいたのは曲を録り終えたあと一曲ミックスをしたところまでだったのですが、僕が抜けたあとサクサク進んだようで、用事を終えて連絡すると「一通り全て終了。」との声。しかしこの二人なら作業の進行も滞りなく、というのは何の不思議もないことなので、来週以降のスケジュールと照らして時間の心配をしたのも全くの杞憂でした。

 今回のスプリットですが最終的に8曲の収録で落ち着きそうです。内訳はヨシダ コウスケ/5曲、キムラ タカノリ/2曲、キムラ タカノリによるヨシダ曲のリミックス/1曲となる予定で、またこの最後に出来たリミックスの1曲がリミックスした本人も納得の素晴らしいムードの作品となっています。歌うヨシダの周囲を甲虫が光となって天に抜けて行くよう。一枚通して聞いて円環する、どpopな作品。これからゆっくりとミックスし、ジャケットを作り、完成が楽しみです。

 で、完成したらカフェ/小スペースを廻る小ツアーを思案中です。思い描く限り二人の音と喫茶スペースの相性はばっちりなので、実現させてまた楽しい思いをしたいと思ってます。ライブスペースというほどの場所は無用ですし、なにより普段接点のない人に会う良い機会となりそうなので是非やりたい。東海地方日帰りとかで。非ライブスペースに積極的に出て行きたいです。これからそういったスペース探す楽しみも増えますが、面白そうだからうちで、という方いましたら連絡下さい。
 ところで、そんなツアーを思い立ったのも、彼が面白そうなとこでライブをやるからです。2/11日月曜ですが祝日、清水区駒越・・・というのは三保半島の入り口辺りですが、そこにある理髪店でヨシダ コウスケのライブがあります。興味のある方は是非。
[PR]
by burnthemap | 2008-01-27 09:04 | thousand leaves
1/13
 昨日はヨシダコウスケの音録りでした。
 四時間で二曲録り終えたかな。三曲目の半ばまで録って、そこまでというムードになり、そのまま終了。もしかしたら一日で録りきってしまうかな、などと思っていたのですが、それは少々暢気にすぎました。しかし難航ということは全くなく、順調そのもので、ミックスも含めればまだ時間が必要ですが、このままいけば二月には完成出来そうです。結局、ぼんやりとながら想定していた時期に出せそうな気配。
 当日本人からの提案で録音曲数も決まり、それに合わせてスプリットの形も大方定まりました。予め形を決めてしまった後ピースを埋めるようにという作り方もあり、その進め方が有効なケースもあるとは思いますが、その都度その都度出てきたアイデアを最終的に形にするまで出来得る限り汲み取りながら物事を進めていくというのが今の理想なので、いい状態で物事が進行していると思います。

 ところで、録音はキムラさん宅でのホームレコーディングなのですが、老築化が進んで昼間でもひっそりとした社宅の一室で、曲が一曲一曲描きつけられていくのを炬燵に入りながら眺めているというのは、土曜の午後の過ごし方として想像しうる最上のものの一つのように思われます。外には冷たい雨が降っていますが、カーテンは落ち着いた色で世界を隠しています。その背後の窓の透明さは、もしかすると結露によって失われているかもしれません。ベランダの向こうの芝は幾分重たい色を纏っている筈で、その上を抜けて二つの布の切れ目から青白い外気と、不定期ながら止むことなく濡れた道路を噛むタイヤの吐く息が流れてきます。信号機がその跡を交互に、今は薄く、やがて濃く塗るでしょう。そして、こちら側では歌が歌われている。一人は用意をし、時間の隙間にレコードをかける。一人はギターを弾き、喉の調子を窺う。そのような光景を、炬燵に入り眺めている。そのような土曜日。
[PR]
by burnthemap | 2008-01-13 11:31 | thousand leaves
12 / 25
 やはり予想していた通りに遅遅としていて、レーベルなんて名乗らずホント良かったthousand leavesですが、幾つか音源の話があがっています。

 先ずは、もう少しテキパキとやる予定がのんびりしてしまった、ヨシダコウスケとキムラタカノリのsplit。
 この組み合わせ、僕はかなりナイスな組み合わせだと思うのです。話をしてから即行で音を渡してくれたキムラさんの音源を聴いていると、もう今からヨシダさんの録音と、揃った時が待ち遠しい。キムラさんの音源は、音が感情的でなく、ただpopで、誰かの笑い声のようです。
 

 あとはpapiroの新しい音源の話があるのと、もう一人ソロの音源を作る予定の人がいるので、その二組が続くかもしれません。実現に向けて話を進めることとサポートなど、なにか彼らの力になれればと思います。
[PR]
by burnthemap | 2007-12-25 08:10 | thousand leaves
thousand leaves record chronicle
 出来ることならば“ラベル”といった程度の意味で「label」という言葉を使いたかったのですが、言葉の印象が勝ち過ぎるため、そうは呼ばないことにしました。特定の活動が決まっている訳ではありませんが、現在は身近な人々の音源の作成が活動の内容です。

 始めてから幾らか時間が経っていますが、やはり"record"ということにも違和感が付き纏っていました。ですが、ストンと落ち着くような言葉が見つかったので名称を変更します。'08/1/26以降はthousand leaves creative partnersで。
 
 現在の音源は以下の通り
 
・papiro&ork split CD-R 『circle with split』(leaf-001)
・ork 5songs CDEP 『a few seconds in EP』(leaf-002)
・papiro 3songs CD-R 『s/t』(leaf-003)


 
 next leaf

Kousuke Yoshida & Takanori Kimura split CD-R
[PR]
by burnthemap | 2007-12-02 00:00 | thousand leaves